Loading

Schecule

スケジュール

ライブ詳細情報

2021-9-3[ Fri ]

祇園JTN ボサノバライブ

生田バンドによるボサノバ演奏をお楽しみください

高尾典江(Vo&Gt)
生田さち子(Pf)
川辺ぺっぺい(Eb)
植松波音(Dr)

OPEN 18:00 1st Stage START 19:00 2nd Stage START 20:10 5月28日ライブの延期公演になります。ご予約お待ちしております

ライブチャージ ¥3,500

※2ステージ / 入替なし
ライブチャージ別途 2オーダー制になります

祇園JTN ボサノバライブ

[生田さち子(Pf)]
大阪生まれ。
4歳よりエレクトーンを、10歳からピアノとドラムを始める。
ヤマハ主催のJOC(ジュニア・オリジナル・コンサート)に15歳まで毎年出演し、合歓の郷にて、世界各国の子供達と共演、81,82年のアンサンブル大会では、2年連続グランプリを受賞。
16歳で武道館に於ける第17回世界歌謡祭にはパーカッショニストとしてゲスト出演。
93年には堺青年会議所主催の環境キャンペーンのテーマソングをアレンジ、レコーディングに参加、と幼少の頃より大器の 片鱗を覗かせる。大学中にジャズと巡り会い、高橋俊男氏に師事。それ以後京阪神を中心にコンサート、ライブ活動 を展開。近年における活動は目覚しく,土岐英史、峰厚介、川嶋哲郎、多田誠司、大坂昌彦、原大力、江藤良人、井上陽介ら日本を代表するジャズミュージシャンと数多くのセッションを重ね、2001年6月ドイツ統一を祝うフェスティバルにトランペットの、嶋本高之氏と参加。
2002年4月越智順子と共にNHK FM セッション505に出演、ツアーにも参加 。
現在は、ジャズだけにとどまらず、持ち前の好奇心を生かしラテン、フュージョン、シャンソン、現代音楽まで、幅広いジャンルにおいて非常に高い評価を得る。
又、演奏のかたわら、教育者としても、未来のミュージシャン育成に力を注ぎ、弟子入り志願のピアニストがあとをたたない。今、最も信頼のおける、注目のピアニスト。

[高尾典江(Vo&Gt)]
兵庫県赤穂市生まれ
独学にてJazzを学び、'96年ブラジル音楽に魅かれ初めてギターを手にし、翌年ブラジル5都市を遊学訪問。
'98年からオリジナルバンドを結成し関西を中心に活動を始め、ソロから中島徹(p,tb)とのデュオユニット"Sonho"(ソニョ)や、女性5人ユニット"cocorone"(ココロネ)、Tridade(トリダージ)など、数々のリーダーユニットで活動。数々のアルバムを発表し好評を博す。
日本語・ポルトガル語でのオリジナル曲を作成し,
Bosa Nova,Samba,MPBなとブラジル音楽を演奏し、様々なスタイルでライブやイベントなど全国で活躍中。

[川辺ぺっぺい(Eb)]
高校生の頃よりエレクトリックベースを始める。
大学入学と同時に本格的なバンド活動を開始。
関西のライブハウスを中心に活動し、様々なコンテストでも高い評価を得る。山田晴三氏に師事。様々なジャンルの音楽に精通し、数多くのバンド、ユニット、セッション、アーティストサポートで活躍中。また、ベースプレイだけでなく、作詞・作曲もこなすクリエイティブなアーティストとして活躍。
楽曲提供だけでなく、自らもシンガーソングライターとして活動している。

[植松波音(うえまつなおと)Dr]
16歳でドラムを始める。
打楽器本来のオーガニックな鳴り、リズムについて日々研究し、現在はジャズやラテン、ブラジル音楽、アルゼンチンフォルクローレやアイルランド音楽などのジャンルに精通、また様々なジャンルのミュージシャンとのアンサンブルを多数経験している。