Loading

Schecule

スケジュール

ライブ詳細情報

2021-7-16[ Fri ]

祇園JTNJazzライブ

素晴らしいメンバーでの演奏お楽しみください

清水ひろみ(Vo)
生田さち子(P)
佐々木善暁(B)

OPEN 18:00 1st Stage START 19:00 2nd Stage START 20:10

ライブチャージ ¥3,500

※2ステージ / 入替なし
ライブチャージ別途 2オーダー制になります

祇園JTN Jazzライブ 

[ 清水ひろみ(Vo) ]
2004年と2005年、2年連続ニューヨーク《ブルーノート》公演では、地元のファンを沸かせ、ジャズの本場ニューヨークでも確固たる実績を積む。
2010年7月、欧州の名門ジャズフェスティバルに出演し好評を博す。また、ドン・フリードマン・トリオとニューヨーク《ディジーズクラブ》に出演。
これまでにCDを7枚リリースし2014年10月、新作『Cheers for Tears』を発売。
中でも「ケニー・バロン」や、「ドン・フリードマン」との共演作は、ヴォーカル傑作盤として日本はじめ、世界各国のジャズ専門家から高い評価を受けている。
今、国内外で最も注目されている国際派ジャズシンガーである。

[生田さち子(Pf)]
大阪生まれ。
4歳よりエレクトーンを、10歳からピアノとドラムを始める。
ヤマハ主催のJOC(ジュニア・オリジナル・コンサート)に15歳まで毎年出演し、合歓の郷にて、世界各国の子供達と共演、81,82年のアンサンブル大会では、2年連続グランプリを受賞。
16歳で武道館に於ける第17回世界歌謡祭にはパーカッショニストとしてゲスト出演。
93年には堺青年会議所主催の環境キャンペーンのテーマソングをアレンジ、レコーディングに参加、と幼少の頃より大器の 片鱗を覗かせる。大学中にジャズと巡り会い、高橋俊男氏に師事。それ以後京阪神を中心にコンサート、ライブ活動 を展開。近年における活動は目覚しく,土岐英史、峰厚介、川嶋哲郎、多田誠司、大坂昌彦、原大力、江藤良人、井上陽介ら日本を代表するジャズミュージシャンと数多くのセッションを重ね、2001年6月ドイツ統一を祝うフェスティバルにトランペットの、嶋本高之氏と参加。
2002年4月越智順子と共にNHK FM セッション505に出演、ツアーにも参加 。
現在は、ジャズだけにとどまらず、持ち前の好奇心を生かしラテン、フュージョン、シャンソン、現代音楽まで、幅広いジャンルにおいて非常に高い評価を得る。
又、演奏のかたわら、教育者としても、未来のミュージシャン育成に力を注ぎ、弟子入り志願のピアニストがあとをたたない。今、最も信頼のおける、注目のピアニスト。

[佐々木善暁(B)]
愛媛県松山市出身。大阪芸術大学音楽工学コース卒。
在学中よりpiano、声楽等を学び、卒業後、コントラバスに転向。現在は関西を中心に活動中。
ジャズ、ポップス、ゴスペル、ハワイアン、ケルト音楽、劇団のバック演奏(2017年、ピッコロ劇団による「赤ずきんの森の狼たちのクリスマス」に出演)など様々なジャンルのベーシストとしてライブやレコーディングに参加。
支援学校教員としての経験を生かし、レクリエーションインストラクターの資格を取得
施設や学校での演奏、またアレンジャーとしてはテレビ、ラジオのCMソングを手がける等、多方面で活躍中。
2010年2月  尾崎紀世彦コンサートツアーに参加。
2013年11月 神戸ビエンナーレ2013 ミュージック&アートステージコンペティションにて審査員特別賞を受賞。
2016年10月 おーらいレコードより、自身のリーダーアルバム"Country"をリリース
2018年5月 ハワイのグラミー賞とも称される、ナ・ホク・ハノハノ・アワードの最優秀インターナショナル・アルバム部門に自身の参加したHook氏のアルバム「Colors」がグランプリを受賞。