Loading

Schecule

スケジュール

ライブ詳細情報

2021-4-30[ Fri ]

祇園JTNJazzライブ

素晴らしいメンバーでの演奏お楽しみください

小泉奈那(Vo/Tp)
西村琴乃(as)
小野麻美(Pf)
山本久生(B)
西野滉平(Dr)

OPEN 17:00 1st Stage START 18:00 2nd Stage START 19:10 まん延防止等重点措置が京都に発令に伴ない、上記のライブ時間に変更させて頂きます。またアルコールのご提供は19時までとさせて頂きます。ご理解頂きます様お願いいたします。

ライブチャージ ¥3,500

※2ステージ / 入替なし
ライブチャージ代別途 2オーダー制になります

祇園JTN Jazzライブ 

[小泉奈那(Vo/Tp)]
10歳の時、トランペットに出会う。
中学校で吹奏楽部に所属。中学三年生の時、全国マーチングコンテストに初出場し、ソロを務める。
『みんなで力を合わせて作り出す音楽ってなんて楽しいの!』と、奈良県立高円高等学校音楽科に入学。
音楽の道へ進むと決意し、高校卒業後、大阪音楽大学短期大学部器楽専攻へ入学。
大学主催「ジュニア・カレッジ・コンサート」に出場。関西トランペット協会主催「第一回新人演奏会」に出場。個人レッスンやバンドレッスンなど指導にも力を注ぎ、某ブラスバンドでは6年間専属の講師を務める。
卒業後、初めて参加したジャズライブで、スウィングのリズムや新しいハーモニーに出会い、即興演奏に対する興味が膨らみ、本格的にジャズを学び始める。
共演ミュージシャンの勧めもあり、歌を独学。ジャズシンガーとしてのスタートを切る。
これまでに、ニューヨーク、カナダ、韓国、タイなど積極的に海外へ足を運び、数々の地元バンドのゲストミュージシャンとしてコンサート出演する。2017年6月にはカナダ一大イベントのCanada paradeにも参加。West Vancouver Concert Bandのコンサートでは音楽監督の要請で40名編成のバンドをバックに ”歌うトランペッター”に起用され、好評を得るなど国外での活動にも力を注ぐ。
現在は、ジャズバーやホテルなどでのレギュラー出演、後進の指導、ラジオ番組やCM出演するなど自身の活動の一方、Pops, Soul, Fusion, Funkなど様々なジャンルのバンドやアーティストサポートも行う。2018年ギネス新記録公認になった、御堂筋オータムパーティー”最も長いトランペット・ファンファーレ”に参加。
地元奈良県での地域音楽イベントにも精力的に活動し、令和元年6月から橿原市観光大使に任命される。
歌心抜群のフレージングに華やかなサウンド、表情豊かな歌唱力が高い評価を受け、トランペット&ボーカルとして様々な分野で幅広く音楽を届けている。

​[西村琴乃(as)]
大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業。在学中、様々なクラシックコンクールの受賞歴持つ。
卒業後ジャズ、フュージョンを学び始める。クラシックで学んだ表現力を生かしジャズ、ポピュラー、ファンク等、幅広いジャンルに取り組み卒業と同時に関西のホテルやジャズクラブ、結婚式等での演奏活動を開始。
パワフルかつ繊細な幅広い音楽表現を取り入れ現在は関西を中心に勢力的に演奏活動を行っている。
2010年フランス、ポワチエで開催されたハバネラサクソフォンアカデミー受講。
近年は数回に渡り渡米。現地のミュージシャンとの経験を積む。2018年11月に待望の1st アルバムをリリース。

[小野麻美(Pf)]
三歳からクラシックピアノ、ヤマハ音楽教室に通う。
中学に入り本格的にクラシックピアノを岡田千秋氏に師事、
京都華頂女子高等学校 音楽科へ入学。
その後、相愛大学音楽学部器楽学科に入学するがその頃ジャズに出会い、AN music school京都校に進む。
ジャズピアノを亀田邦宏氏、玉田隆氏に師事。卒業と同時に京都祇園『CANDY』にてライブ活動を開始。
オリジナル楽曲を披露。ヤマハ音楽教室講師になる。同時にWestin Miyako Hotel kyoto ロビーでの週4日レギュラー演奏を数年間務め、その影響で海外に興味を持ち、ニューヨーク、カナダなどのJAZZ Clubで様々なアーティストから刺激を受ける。
2014年1月13日には念願の1stアルバム「Deep blue」深い海の気持ち~を発売。KBSラジオ京都、『武部宏の日曜トーク』や、MBSテレビ『ちちんぷいぷい』などメディアにも出演。
2001年から京都、滋賀のホテルでのパーティーイベント、ブライダルでソロピアノから バンド編成までリーダーとして 活動。2015年5月には高槻jazzフェスに出演。9月に野洲jazzフェスではテナーサックス奏者 西村有香里+小野あさみPfトリオにてメインステージに出演。2015年10月の大津jazzフェスでも大盛況を博する。
2017年5月、ピアノトリオ2ndアルバム「Iyellow」をリリース。2018年、バイオリニストと信州JAZZ民から「青い影を」リリース、続いて2019年にヴィブラフォーン、テナーサックス、ピアノによる異彩トリオから「Django」をリリース、Jazz Japan誌に掲載される。2020年4月24日、初のドラムとピアノによるDUOによるアルバム「Orange」を発売する。作曲家、編曲、アレンジ。2020年6月1日 YAMAHA講師退任。
 
[山本久生(B)]
幼少時からエレクトーン、ピアノ、学生時代よりコントラバスを始める。
蓑輪裕之氏に音楽理論とコントラバス奏法を師事し、ニューヨークで、マルコパナシア氏に師事する。寺井豊グループ、中嶋俊夫多田恵美子トリオ、高橋俊男トリオ等の伝統あるグループや、菊池康生サックスマシーンズ、岩瀬立飛クインテット等の国内外の実力派ミュージシャンのバンドに参加し、各地のライブやコンサートで演奏している。
また、2013年はシャンソン歌手の佐々木秀実の全国劇場ツアーにも参加し、ジャズ以外のフィールドでも活動している。

[西野滉平(Dr)]
京都生まれ。オルガン演奏者である親の影響で、幼少より音楽に囲まれた環境で育つ。
中学三年よりドラムを始め、ロックやJPOPを演奏する。 大学に入学後、神戸大学のサークルに所属し、プログレ、メタル、現代音楽など様々なジャンルを嗜む。その後、田井中福司氏、池長一美氏に師事し、ジャズを始める。
大学院在学中にローランドミュージックフェスティバルに出場、アンサンブル部門でパフォーマンス賞を受賞。
2015年に小野麻美のセカンドアルバム「Iyellow」に参加、また、ピアノとドラムのDuoグループ Orange Duoとしても活動を初め、2020年4月にファーストアルバム「Orange」をリリース。ラジオ番組への楽曲提供も決定している。
現在は関西のライブハウスを中心にライブやサポート、レコーディング、ジャズフェスティバルへのゲスト出演など、精力的に活動中。