Loading

Schecule

スケジュール

ライブ詳細情報

2021-4-23[ Fri ]

祇園JTNJazzライブ

素晴らしいメンバーでの演奏お楽しみください

藤村麻紀(Vo)
加納新吾(Pf)
時安吉宏(B)
中村雄二郎(Dr)

OPEN 17:00 1st Stage START 18:00 2nd Stage START 19:10 まん延防止等重点措置が京都に発令に伴ない、上記のライブ時間に変更させて頂きます。またアルコールのご提供は19時までとさせて頂きます。ご理解頂きます様お願いいたします。

ライブチャージ ¥3,500

※2ステージ / 入替なし
ライブチャージ別途 2オーダー制になります

祇園JTN Jazzライブ 

[藤村麻紀(Vo)]
東京都出身。
慶應義塾大学法学部法律学科卒業、米国スタンフォード大学留学。
1992年 東京都Vocalコンテスト最優秀歌唱賞受賞。
2005年「With Love」でのメジャーデビュー以降、2017年1月発売の「Singing to the sky」まで、5枚のリーダーアルバム含む計9枚のCDをリリース。また、2015年3月発売の「Yours」は作詞作曲からアレンジまで全編本人によるフルオリジナルCDであり、歌唱だけにとどまらず、その作詞・作曲能力はもちろん、アレンジ能力も高く評価されている。聴く者の心に深く語りかけるようなその歌は、時に緻密で時に大胆であり、毎回多くの人が心を揺さぶられて涙を流している。CDはもちろんのこと、その真骨頂が発揮されるのはライブである。驚くほど豊かな声量に加えて、知識に裏付けられた正確なピッチコントロールによりなされる楽器陣とのインタープレイを聴けば、まさに「楽器としての声」を操ることができる稀有なシンガーであり、「Japan Jazz」「JazzLife」等の各紙に「ジャズボーカル界を変革する、異次元からのボーカリスト」と言われる所以がわかる。さらにその確実な英語力、発音は「完璧」と評価され、老若男女、国籍を問わず幅広いファン層に支持されている。また、「歌は生き様」「音楽は人格を形成する」「人生の秘訣は与えること」という強い信念のもと、後進の指導にもあたっている。プロのトレーナー及びあらゆる表現者を対象として2017年設立したスクール「Authentic Artist Academy」では、脳科学や心理学をベースに、表現者としての在り方や、大きな影響力を発揮するためのスキルを科学的に教えており、大きな評判を得ている。
さらに、末期がん患者とその家族を対象にした病院へのボランティア活動等、社会への貢献活動も広く行っている。

[加納新吾(Pf)]
1986年11月20日 大阪市生まれ。 6歳よりクラシックピアノを始める。
中学、高校ではギターに興味をもち、ポップスやロックに没頭する。 大阪芸術大学音楽学科ポピュラー音楽コースに入学後、ジャズに傾倒。 同大学にて関西を代表するジャズピアニスト近秀樹氏に師事する。 在学中より演奏活動を開始。 2012年 自己のアルバム SHINGO KANO「PRECIOUS」を JAZZ LAB. RECORDS よりリリース。
2013年 第五回神戸ネクストジャズコンペティションにてグランプリ受賞。
2014年 ニューオーリンズフレンチクォータージャズフェスティバルに自己のグループで出演。
2016年 よりニューヨークへ渡米。現地の様々なミュージシャンとセッションを重ね、 2018年末帰国。 現在自己のグループや様々なバンドにて活躍中

[時安吉宏(B)]
1978年兵庫県生まれ。大阪音楽大学ジャズ科卒業高校時代にジャズバンド部でウッドベースを手にする。音大在学中よりライブ活動を開始。京阪神を中心に、最近では全国的に活躍中。ジャズのみならず、ポップスやゴスペルなどのサポート、また有線やCD作品、DVDなどの参加も多数それ以外にも現代美術との競演など、オリジナリティーあふれるその活動は多岐に渡る。国内外の有名ミュージシャンとの競演も多数。

[中村雄二郎(dr)]
16歳のときにドラムを始める。
高校卒業後、アメリカ合衆国ボストンのバークリー音楽大学で4年間ドラム、およびパーカッションを学ぶ。
在学中、ジョン・ハジラ、ジョン・ラムジー、ケンウッド・デナード、ジョン・ラムキンなどに師事。徐々に頭角を表し、ボストンの老舗ジャズ・クラブであるウォーリーズ・カフェにてハウスドラマーも務める。その後ニューヨークへ移動し、プロミュージシャンとしての活動を開始。
若手ミュージシャンの登竜門であるクレオパトラズ・ニードルや、ハーレムにある老舗ジャズ・クラブ、セント・ニックス・パブなどでハウスドラマーを務める傍ら、ニューヨークの音楽シーンを代表する女性ヴォーカルであるイヴ・コーネリアスのバンドに参加し、レノックス・ラウンジ、スィートリズム、バードランドなど一流クラブにも多数出演する他、ロイ・ハーグローブ、ディビッド・キコスキ、ウォルター・スミス3世(英語版)、ジャリール・ショウなど、世界的なアーティスト達と共演する。また2004年、2005年には日本を代表するサックス奏者である長谷川朗、2007年、2008年、2009年にはピアノ奏者である百々徹の日本ツアーに参加し、来日をはたす。 現在もニューヨークを拠点にアメリカ各地で活躍中。