Loading

Schecule

スケジュール

ライブ詳細情報

2022-9-18[ Sun ]

祇園JTN ラテンライブ

高橋京子と共にラテンをお楽しみください!

青山佳龍
高橋京子(Vo)
坂下文野(Pf)
とくじろう(Parc)

OPEN 0:00 1st Stage START 15:00 2nd Stage START 16:10

ライブチャージ ¥4,000

※2ステージ / 入替なし
ライブチャージ代(ワンドリンク付)

祇園JTN ラテンライブ 

[青山佳龍]




[高橋京子(Vo)]
京都市出身。京都教育大学美術科(彫塑専攻)卒業。
高校の美術教師を経て歌の道へ。
「タンゴガルーファ」のピアニスト、上田裕司氏との出会いにより
アルゼンチンタンゴを歌い始める。
1996年ブエノスアイレスへ短期留学し、
その後も数多くのマエストロ達と交流し研鑽を積む。
以来、タンゴとタンゴで培ったスペイン語を活かした
ラテン音楽を中心に歌っていたが、2012年のアルゼンチンツアーで現地の日系の人々が話す。
日本語の美しさに影響を受け、最近では日本語の曲のレパートリーも広げている。
歌手活動の他にも、フラメンコの踊り手、指導者として幅広く活躍中である。

[坂下文野(Pf)]
カンツォーネ、シャンソン、ラテン、ジャズ、クラシックと 幅広く演奏するマルチピアニストとして 活動。 優しく、そして力強い ドラマティックな演奏スタイルは多くの 聴衆を魅了する。
メキシコ・キューバにおいて数々の フェスティバル、ピアノリサイタル、 キューバ人ピアニストAruan Ortisとの 二台のピアノによるコンサートを行う。
2008年四月にはパリ、ピギャールの Theatre de dix Heuresにおいて コンサートに出演。
2013年10月にイタリア、ナポリのGambrinusにてコンサートに出演。
2019年10月、音楽生活50周年フミノフェスティバルを開催

[とくじろう(浜野 徳治郎)(Parc)]
小学生の頃から歌うことが好きで、クラス会や遠足などの機会に級友に請われて歌ううちに人前で歌うこと、人に喜んでもらうことの楽しさを覚える。
中学ではブラスバンド部にてユーフォニウムと打楽器を担当し、この頃から打楽器に興味を持ち始め、高校進学と共にドラムを始める。
大学卒業後メキシコへ語学留学。
メキシコ滞在時にラテン音楽と出会う。
たまたま楽器店で見付けたコンガを購入し、現地のパーカッショニストを紹介してもらったことがきっかけで、キューバ音楽にも興味を持ち帰国後パーカッショニストとしての音楽活動を開始。
以来、スペイン語ができ、歌えるパーカッショニストとして様々なシーンで活動している。
03年、Sabrosura del sonidoにてFuji Rock Festival出演。
04年、同グループにてキューバ文化省より招待を受け、国際見本市『CUBADISCO』へ出演。ボーカリストとしても高い評価を得る。
また、キューバ全国を舞台にリレー方式でノンストップで演奏し続けギネスに挑戦した『El Son Más Largo Del Mundo』にも参加。
2010年、京都で30年以上の歴史あるラテンコーラスグループ、エルマノ ス・ミシナにボーカル&パーカッションとして参加し、トリオ・ロス・パンチョスなどにより日本でも馴染みの深いメキシコ音楽を歌い始める。
2010年〜11年 USJ パレード・デ・カーニバルにパーカッショニストとして出演。
2012年〜16年、劇団四季『ライオンキング』大阪公演のパーカッショニストを務める。